Japanease Chinese English
HOME - 孫文の広場

◇ 孫文のひろば◇

孫文・日本関係人名録へのご意見は、こちらからご連絡下さい。

・皆さまからいただいたコメントにつきましては、お名前やご連絡先を除去した上で当ページに掲載することがあります。もしコメントが当ページ上に公開されることをご希望されない場合は、その旨をコメントの中にお書き添え下さい。

・当館より個人宛の返答をお望みの場合はお名前とメールアドレスを明記してください。内容等により返答ができない場合や多少時間が要することもありますのでご了承ください。

※ご入力いただいた個人情報につきましては適切に管理し、第三者に供与することはありません。

・ご投稿の際には、「残り○文字」の下にある英数字文字列を、「投稿する」の上にある空欄にご記入してから、「投稿する」をクリックして下さい。文字列が読みにくい場合は、「再読み込み」をクリックすると文字列が変わります。

 

コメント  

 
#82 孫文記念館 2018-12-07 13:07
今年の孫文月間孫文2018は無事に終了いたしました。特 別展、講演会にご来場いただいた 方々にお礼を申し上げます。
引用
 
 
#81 孫文記念館 2018-11-06 14:20
孫文2018特別展「日本の孫文・宋慶齢ゆ かりのミュージアム展」を開催し ています。孫文から南方熊楠への 手紙や、学生時代の毛沢東が宮崎 滔天に講演を依頼した手紙、宋慶 齢の日本滞在時代の服(復元品) など、日本各地にある貴重な資料 が集まっております。12月2日まで。
引用
 
 
#80 孫文記念館 2018-10-26 16:36
今年の11月も孫文月間「孫文2018」を開催致します。特別展「日 本の孫文・宋慶齢ゆかりのミュー ジアム展」と、特別講演会「孫文 ・宋慶齢を支援した日本の人々」 となります。日本各地の孫文ゆか りの博物館が集う貴重な機会とな ります。ぜひご来場ください。詳 しくは当館ページ冒頭で。
引用
 
 
#79 孫文記念館 2018-08-10 09:24
孫文のひろばにて、孫文が1916年に東京で撮影した有名な写真 「帝政取消一笑会」につきまして 、貴重なお話をいただきました。 詳しくは当館館報「孫文」21号をご覧ください。21号は近く当館ホームページ上『館 報「孫文」』コーナーで公開しま す。
また、孫文の来訪を歓迎した華僑 の方につきましてもお話をいただ きました。情報のご提供にお礼を 申し上げます。
引用
 
 
#78 孫文記念館 2018-02-09 13:53
もう旧正月の時期となりましたが 、2018年も孫文記念館をよろしくお願 い致します。
引用
 
 
#77 孫文記念館 2017-12-01 09:21
今年の孫文月間「孫文2017」は、無事に終了いたしました
ご来館いただきました皆様にお礼 を申し上げます。
引用
 
 
#76 孫文記念館 2017-11-24 16:06
神戸華僑の歴史たどる 孫文記念 館で写真展
https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/201711/0010700100.shtml
(神戸新聞社様)
ほか、読売新聞様(11月9日)、朝日新聞様(11月8日)で「孫文2017」のご紹介をいただきました。

久保様、情報のご提供をいただき ありがとうございます。
引用
 
 
#75 久保純太郎 2017-11-19 11:52
河東碧梧桐(俳人)
 河東碧梧桐が孫文、戴天仇(戴 季陶)と会見した、と記していま す。孫文が「広東の大総統時代」 のことだそうです。詳細は調査中 です。
 出典:河東碧梧桐『煮くたれて 』(東京)双雅房、昭和10年(1935年)11月、52-55頁。
引用
 
 
#74 孫文記念館 2017-10-03 16:20
今年も孫文月間「孫文2017」を11月に開催致します。展示会「神戸 華僑『落地生根』150年記念写真展」、第一回林同 春記念・孫文記念館学術賞授賞式 と受賞者講演会、音楽と講演の会 となります。詳しくは当館HP冒 頭をご覧ください。
引用
 
 
#73 孫文記念館・蒋海波 2017-04-18 11:05
高橋松太について
同氏について、ご遺族の高橋俊彦 様から以下の資料を提供されまし た。
高橋松太の読み方は「たかはし  まつた」です。生卒年は1885(明治18)年4月10日~1926(大正15)年2月。出身地は長野県大沢 村(現在東筑摩郡)。赤坂中学( 東京商工学校)卒業後、19歳の時渡米、サンフランシスコ 州立歯科医学大学専門学校をへて 、ワシントン州立ペンシルベニア 医学部卒、ドクトル・オブ・メジ チーネの称号を得て、国立ノース ウエスタン大学大学院卒。大正3年(29歳) 東京都京橋区築地3丁目14番地にて開業。
孫文との交流は、1916年1月から翌17年2月にかけて、孫文が高橋の 治療を受けていた。
引用
 

コメントを追加

セキュリティコード
再読込み

〒655-0047 兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051番地
TEL  078-783-7172  FAX  078-785-3440
Copyright(c)2008 公益財団法人孫中山記念会. All Rights Reserved