Japanease Chinese English
HOME - 孫文の広場

◇ 孫文のひろば◇

孫文・日本関係人名録へのご意見は、こちらからご連絡下さい。

・皆さまからいただいたコメントにつきましては、お名前やご連絡先を除去した上で当ページに掲載することがあります。もしコメントが当ページ上に公開されることをご希望されない場合は、その旨をコメントの中にお書き添え下さい。

・当館より個人宛の返答をお望みの場合はお名前とメールアドレスを明記してください。内容等により返答ができない場合や多少時間が要することもありますのでご了承ください。

※ご入力いただいた個人情報につきましては適切に管理し、第三者に供与することはありません。

・ご投稿の際には、「残り○文字」の下にある英数字文字列を、「投稿する」の上にある空欄にご記入してから、「投稿する」をクリックして下さい。文字列が読みにくい場合は、「再読み込み」をクリックすると文字列が変わります。

 

コメント  

 
#73 孫文記念館・蒋海波 2017-04-18 11:05
高橋松太について
同氏について、ご遺族の高橋俊彦 様から以下の資料を提供されまし た。
高橋松太の読み方は「たかはし  まつた」です。生卒年は1885(明治18)年4月10日~1926(大正15)年2月。出身地は長野県大沢 村(現在東筑摩郡)。赤坂中学( 東京商工学校)卒業後、19歳の時渡米、サンフランシスコ 州立歯科医学大学専門学校をへて 、ワシントン州立ペンシルベニア 医学部卒、ドクトル・オブ・メジ チーネの称号を得て、国立ノース ウエスタン大学大学院卒。大正3年(29歳) 東京都京橋区築地3丁目14番地にて開業。
孫文との交流は、1916年1月から翌17年2月にかけて、孫文が高橋の 治療を受けていた。
引用
 
 
#72 孫文記念館 2017-04-11 09:28
関係者の方からご教示があり、人 名録にある「高橋松太」の出身地 を長野と特定いたしました。
また人名録にある「佐多」は、佐 多愛彦(さたなるひこ)(1871~1950)鹿児島出身とご教示をい ただきました。
引用
 
 
#71 孫文記念館 2017-02-24 10:07
関係者の方からご教示があり、人 名録にある「角谷大三郎」の出身 地を特定いたしました。
今年も引き続き、ご意見・ご教示 をお待ちしております。
引用
 
 
#70 孫文記念館 2017-01-20 09:32
孫文は1913年3月に熊本の濟々黌(今の県立濟々 黌高校)を訪問しましたが、校長 の井芹経平がその際に孫文に古刀 を贈呈し、孫文は学生を激励する 演説を行うといった交流がありま した。京都産業大学創設者である 荒木俊馬も当時の濟々黌の学生で 、孫文の演説を聞いて感激したと 言われています。
(参考:京都産業大学サイト h ttps://www.kyoto-su.ac.jp/about/enkaku/kenkokoro.html)
※今回は京都大学の武上真理子先 生からご教示をいただきました。
引用
 
 
#69 孫文記念館 2017-01-04 10:22
謹賀新年。今年も孫文記念館と孫 文のひろばをよろしくお願い申し 上げます。
引用
 
 
#68 孫文記念館 2016-12-06 16:13
兵庫)孫文の生涯たどる 神戸で 生誕150年特別展
http://www.asahi.com/articles/ASJBV5DPGJBVPLZU002.html
(朝日新聞社様)

孫文生誕150年展 功績と思想 伝える40点
http://www.kobe-np.co.jp/news/odekake/201610/0009614060.shtml

神戸とゆかり、孫文生誕150年  特別展やツアー
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201611/0009654036.shtml

孫文の構想と現在の中国考える  神戸で特別講演会
http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201611/0009658206.shtml
(3点、神戸新聞社様)
引用
 
 
#67 孫文記念館 2016-12-06 16:07
今年の孫文月間「孫文2016」も無事に終了いたしました。 ご来場をいただきました皆様にお 礼を申し上げます。
引用
 
 
#66 孫文記念館 2016-10-26 10:07
だいぶ空いてしまいましたが、今 年も孫文月間を今日から開始いた します。特別展示会(11月30日まで)、および講演会(11月11日開催。11月4日締切)とシンポジウム(11月26、27日開催。11月18日締切)もお待ちしております 。詳しくは当館HPまで。
引用
 
 
#65 孫文記念館 2016-04-29 13:37
「孫文直筆の書 鯵ケ沢で来月か ら公開」
東奥日報
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2016/20160426012832.asp
引用
 
 
#64 (久原仲東氏の直系子孫の方より) 2016-03-15 12:54
(続き)
上記住所は本籍地であり、大正2 年末~3年初旬に掛けて、譚人凰に同道し 、福岡・東京間を移動する等、一 時的に帰国をする事はあっても、 日本に「在住」した事は無かった と思います。

孫文との関りは、物産退社後、30代頃の事と思われますが、残念 乍ら、今の処決定的な資料を発見 するには至っておりません。

「久原仲東」という祖父の名は、 アジ歴センター、国立公文書館、 外務省外交史料館の資料に散見さ れますが、三井物産の資料館「三 井文庫」は、研究者のみに門戸が 開かれており、私のような一般人 には閲覧できません。

ネット上で公開されている研究論 文や書籍の引用文に祖父の名が在 っても、典拠「三井文庫」とある と、溜め息が出るばかりです。又 、検索がヒットしても、久原房之 助の事が多いのにも…

最後に、1925年に出生した亡父の出生届 は、貴書104頁に記載されている、青島総 領事堀内謙介受付と、祖父の除籍 謄本に記されておりました。孫文 没年に、私の父は生まれたのかと 思うと感慨深いものがございます

孫文との関わりに関する具体的な 資料、又、支店長まで務めた物産 を、祖父は30代で何故退社したのか等、まだ まだ藪の中ですが、伯母が元気な 内に何らかの報告が出来るよう精 進する所存です。

お忙しい処、失礼致しました。
(久原仲東氏につきまして貴重な ご教示をいただき誠にありがとう ございます。今後もよろしくお願 い致します。孫文記念館)
引用
 

コメントを追加

セキュリティコード
再読込み

〒655-0047 兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051番地
TEL  078-783-7172  FAX  078-785-3440
Copyright(c)2008 公益財団法人孫中山記念会. All Rights Reserved